スマホのレンタルの料金はどれくらいかかるのか

1日だけ、1週間だけスマホを利用したいと検討した時に便利なのが、レンタルシステムですね。

最近、多くの業者がスマホの人気をうけてレンタルでも力をいれています。

特に、海外旅行者向けに力を入れる業者も増えてきています。

しかし、気になるのがその料金ではないでしょうか。

各会社様々な料金設定がありますが、基本的にはまず利用日数分の料金がかかることと、そこに事務手数料がかかり、さらに通信代と通話代が別途かかります。

ですので、利用日数分だけを検討するというよりも、プラス利用した分がかかってきます。

レンタル代として、だいたいが1日に1000円以下のところが多くなっています。

さらに、事務手数料が1500~2000円程度となります。

さらに、通話料はかける国毎で大きくことなりますが、国内にかける場合は、50円以下程度で、アメリカは100円以下、中国になると200円程度と大きく異なっていきます。

ですので、通話料は使った分だけかかるというイメージをもっておくと良いでしょう。

さらに、通信代は、国内同様定額料金での設定を行っている会社が多く見られます。

パケット定額という使いたい分だけ使えるので、使いすぎるということもなくなり、安心して使うことができますね。

特に、海外旅行では知らない土地に行くので、普段より地図を見たり、インターネットで調べたりと、通信を利用する機会も多くなるでしょう。

その為、パケット定額がある業者をお勧めします。

短期間で自分が持っているのとは別にスマホを使いたいという時、便利なのがレンタルです。

しかし、気になるのがそのお値段。

各会社で料金形態も異なり、また自分が利用する方法でもどのプランが一番いいかということも変わってくるので、レンタル料金は様々となります。

では、とある会社の料金でシュミレーションを行ってみましょう。

レンタル代が800円となるこちらの会社では、1日から借りる事が可能となり多くの人のニーズに合わせたサービスを提供しています。

他に、事務手数料が1500円、さらに通信代を定額制にしており、月で7000円かかる仕組みとなっております。

そこにプラス通話代がかかるイメージで、日本国内での通話代だと30秒40円となりますが、アメリカへの国際電話となると30秒78円、中国にいたっては198円と高額になってきます。

例えば、10日間の利用をした場合は、レンタル料8000円と、事務手数料1500円、通信定額料が7000円で合計16500円となります。

そこにプラス通話代という事です。

自分でもシュミレーションしてみたい方はこちらのサイトでシュミレーションをしてみましょう。

スマホレンタルのおすすめランキングサイト

スマホを借りる場合は各会社で異なりますので、多くの会社を見て少しでも安いところを探すと良いでしょう。